Home  >  Service  >  FEO  >  FastView for Mobile

FastView for Mobile

FastView for Mobile とはお客様側にコンテンツやコード変更を一切していただくことなく、導入するだけで簡単にモバイルサイトの表示速度を改善できるサービスです。

昨今のネット利用状況をみてもスマートフォンの割合がもうすぐ5割に達し、ネットで収益を上げる企業にとっては重要なデバイスです。しかしスマートフォンを使って閲覧するユーザは、PCを使うユーザに比べて電波状況も関係するため使い勝手においてシビアに判断することが多くなります。

FastView for Mobile ではキャッシュやHTMLの最適化、タッチイベント処理の高速化、広告表示の遅延処理などの機能によりモバイルサイトの高速化を実現します。

FastView for Mobile の特徴

PCからスマホへ矢印がでている

リダイレクト制御

リダイレクト制御機能は各モバイルユーザのリダイレクト先を記憶し、リピートユーザによる無駄なラウンドトリップを回避させます。

人差し指をあげた手

タッチイベント変換

クリックイベントを自動的にタッチイベントに転換することにより、最大で1クリックあたり500msの高速化を実現します。

虫眼鏡とwi-fiマーク

ペイロード最適化

モバイルユーザの使用している回線がWi-Fiか、または3G/4Gかを判別して、ユーザのネットワーク環境に応じて最適化されたページを配信します。

HTMLアイコン

HTML最適化

同時に大量のHTMLファイルをダウンロードし解析する処理能力のないモバイル端末向けに、HTMLを解析したうえで、より小さなサイズに変換して配信します。

 

facebook、twitter マーク

外部コンテンツ対策

3rdパーティスクリプトはページの表示速度に大きな遅延をもたらす場合がありが、スクリプト毎に待ち時間を割り当てたり、ロードの延期やキャンセルを可能にします。

スパナとドライバー

 自動エラーチェック

ページ表示のプロセスをモニタし、発生したエラーを記録しながらDOM(Document Object Model)検査や最適化前後の描画などを比較しチェックします。

イメージファイル

 イメージ最適化

画像ファイルをユーザの端末に合わせてサイズを最適化し、配信ページサイズを最適化します。

四角い枠の中に3つの四角い枠がはいっている 

レイアウト最適化

ユーザの端末やブラウザを認識し、Webサイトのページレイアウトをユーザ環境に適したviewportに変更します。

検索窓

アドレスバーの最適化

Webサイトを閲覧するときにアドレスバーの下のエリアまで自動的にジャンプさせ画面に表示される範囲を増やします。

FastView for Mobile の導入効果

・PV、セッション数の向上

ページの表示速度を高速化することで、ユーザはより多くのページを閲覧します。

 

・回遊率の改善

ユーザはページがなかなか表示されないイライラから解放されるので、直帰率や離脱率が改善されサイトの回遊率が向上します。

 

・売上とコンバージョン率の向上

ページが表示されないことで発生していた機会損失を防ぎ、売上やコンバージョン率の向上を実現します。

無料パフォーマンスレポート

FastView for Mobile をご利用いただいた場合にどれくらいサイトの表示速度が改善されるか、ご指定いただいたページを分析し、無料でWebサイトのパフォーマンスレポートを作成させていただきます。

 

レポートの詳細はこちら