Home  >  Solution  >  AWSのパフォーマンス改善

グローバル企業によるAWS利用の課題

データセンター内で運用していたアプリケーションをAWSの東京リージョンへ移行した後、グローバルに展開された各拠点からの接続をVPCへのVPN接続にした結果、アクセス速度が非常に遅く、各拠点における生産性に大きな影響を与えているというケースは少なくありません。また、グローバルにインスタンスを同期させているケースにおいても遅延は多く発生しており、信頼性の低いパブリックインターネットを使用していると、遅延とパケットロスが多発してアプリケーションのパフォーマンスは非常に低速になってしまいます。 

 

どのように解決するか

Aryakaをご利用いただくと、ネットワークの遅延や混雑でAWSを利用できなかったような地域からであっても、快適にAWSへアクセスすることができます。Aryakaの世界中に展開されたPOPs(Points of Presence) は、セキュアに相互接続されたネットワークで、それぞれのPOPsではWAN高速化のソフトウェアが動作しています。Aryakaを導入いただくことで、各オフィス拠点とデータセンターを結んだメッシュ接続のネットワークが構築され、そこにAWSを融合させることで、世界中に分散されたオフィス拠点からLANのような速度でAWSを利用できる環境を実現します。

AWSのパフォーマンスに課題を持つお客様には、クラウドサービスとの接続において低レイテンシとパケットロスの改善を実現する、Aryakaの Smart Connect をご提案させていただきます。

AWS高速化事例

或るモバイルゲームのプラットフォームを運営する企業では、パブリックインターネットを使用して北京とサンノゼのAWSインスタンスを同期させていましたが、アプリケーションのパフォーマンスは低速で、遅延とパケットロスが発生していました。

数千万人のゲームユーザを持ち、iOS、Android、Java、Symbianで動作する13のゲームタイトルを運営していた同社は、より高速なAWSアクセス、安定したレスポンス、1%未満のパケットロスを実現する方法を探していました。

 

Aryakaの導入は、同社に以下のようなベネフィットを提供しました。

 

• 中国とアメリカ間におけるAWSへのアクセス速度を最大で8倍まで高速化

• TCPコネクションの確立を最大16倍まで高速化

• パケットロスを0%に削減

 


 

Aryakaは、従来のWANソリューションが抱えていた品質とコストの問題を解決した、世界初のクラウド型WANサービスを提供しています。